食べても太らない原因は病気?体質?ストレス?食べても太らなくなった男女必見!

 

「食べても太らなくなったのはなぜなのか!?」

太りたいのに、食べても太れないことに悩んでいる人も少なくありません。

 

実は、“食べても太らない原因”を事細かに調べていくと、「病気」「体質」「ストレス」「胃下垂」の4つに分類できることがわかりました。

 

●●●
太る伝道師

私の場合は、小さい頃から、体質的にガリガリ体型で食べても太らないことに嫌気がさしていましたよ。

 

ただ、食べても太らない原因は体質だけではなく、病気、ストレス、胃下垂が関わることも多いものです。

実際、食べても太らない原因が病気の場合は、最近になって急に「食べても太らなくなった」というのが、病気のサインであることも。

 

どんな病気であれ、早期発見は非常に大切なので、未然に病状が進行するのを防ぐためにも、十分気をつけたいところ。

そこで今回は、食べても太らない4大原因である「病気」「体質」「ストレス」「胃下垂」について徹底解剖するので、ぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

 

食べても太らない原因① 病気

 

食べても太らない原因(病気・体質・ストレス・胃下垂)の中で、まずは「病気」について取り上げます。

 

●●●
太る伝道師

食べても太らない人は、病気にかかっている可能性も十分考えられるんです。

 

食べても太らない病気の代表的なものとして、以下の4つが挙げられます。

 

《食べても太らない病気》

  • 胃の病気
  • 腸の病気
  • 甲状腺の病気(バセドウ病)
  • 糖尿病

 

これらについて、1つ1つ徹底解剖していきましょう。

参考記事:太りたい人は病院の薬で太れる?何科にかかる?ガリガリの人必見!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

胃の病気

 

食べても太らない病気の1つ目として、「胃の病気」が考えられます。

 

●●●
太る伝道師

胃の病気では、消化力や食欲の低下、食べてもすぐにお腹一杯になる(腹満感)などで、食べても太らない原因となりえます。

 

ここでは、代表的な4つの胃の病気とその症状について見ていきましょう。

 

《食べても太らない「胃」の病気》

  • 機能性ディスペプシア
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 慢性胃炎
  • 胃がん

 

参考記事:胃の病気の症状

 

機能性ディスペプシア

食べても太らない胃の病気として、「機能性ディスペプシア」と呼ばれるものがあります。

ディスペプシアというのは、「胃が痛い」「胃がもたれる」「みぞおち辺りが痛い」などの不快な腹部の症状を指す医学用語のこと。

 

●●●
太る伝道師

“機能性”ディスペプシアとは、上記の症状があっても、胃炎・胃潰瘍・胃がんといったはっきりとわかる病気が見つからない場合に、名付けられたものです。

 

“機能性”というのは、“胃の働き=機能に関する”という意味。

つまり「機能性ディスペプシア」とは、胃の機能異常で、胃の不快感があるときの病気を指します。

参考記事:機能性ディスペプシア(FD)ガイドQ&A

 

機能性ディスペプシアでは、食後の胃もたれ・胃の腹満感・みぞおちの痛みがあり、胃の働きが悪く消化力が落ちるため、食べても太らない原因に…。

機能性ディスペプシアの治療では、胃腸科や消化器科の専門医のもとで、胃の運動や胃酸の分泌を改善する内服薬が必要となってきますよ。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

胃・十二指腸潰瘍

 

食べても太らない胃の病気で、「胃・十二指腸潰瘍」もその1つ。

胃・十二指腸潰瘍とは、胃酸の影響で、胃や十二指腸の組織をも溶かして、組織が内部からえぐられる病気です。

 

胃・十二指腸潰瘍の原因として、ピロリ菌の感染、強いストレス、刺激が強いものの摂取、薬の副作用、胃酸過多、栄養不良などが挙げられます。

 

●●●
太る伝道師

胃・十二指腸潰瘍の自覚症状で最も多いのが、みぞおち辺りの痛みです。

 

そのほか、胸やけ、胃もたれ、吐き気、嘔吐、食欲不振によって、食べても太らない原因に。

他にも、潰瘍からの出血のために、黒色便(黒い炭色の便)が見られることも多いでしょう。

 

食べても太らなくなった人で、こうした症状が見られた場合には、胃腸科や消化器科にすぐに受診し、治療が必要となります。

参考記事:胃・十二指腸潰瘍の症状・検査・治療について

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

慢性胃炎

食べても太らない胃の病気の1つに、「慢性胃炎」も挙げられます。

慢性胃炎では、長期間にわたって胃炎(胃の粘膜が炎症を起こす病気)が続いている状態のこと。

 

●●●
太る伝道師

慢性胃炎の主な原因は、ピロリ菌に感染したためだと考えられています。

 

慢性胃炎に一度罹患すると、治療しても、元どおりの胃の粘膜に戻らないことが難点。

慢性胃炎の典型的な症状である腹部の不快感、腹部の痛み、食欲不振などで、食べても太らない原因につながります。

 

慢性胃炎は、専門医によるピロリ菌の除菌をはじめとした治療が欠かせません。

参考記事:慢性胃炎について | メディカルノート

 

胃がん

食べても太らない胃の病気として、「胃がん」にも気をつけたいところ。

胃がんは、胃の粘膜にがん細胞が発生し、どんどん増殖を繰り返して肥大化するがんです。

 

●●●
太る伝道師

胃がんの原因として、ピロリ菌の感染のほか、食生活や生活習慣の乱れが指摘されています。

 

胃がんは、無症状のまま病状が進行することが多く、胃がんだと気づかずに見過ごされがち。

早期の胃がんによる症状としては、消化不良、胃の不快感、食欲低下、食後の膨満感があり、これらが食べても太らない原因になりかねません。

 

胃がんは、がん検診による早期発見が非常に重要なので、こうした症状が見られた場合は、すぐに検査を受けてみてください。

参考記事:胃がんとは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

腸の病気

 

食べても太らない病気の2つ目として、「腸の病気」が考えられます。

 

●●●
太る伝道師

腸の病気にかかると、腸の消化吸収力が低下したり、食欲不振を招くため、食べても太らなくなったという人に多く見られるんです。

 

ここでは、以下にある通り、代表的な3つの腸の病気とその症状について1つ1つ見ていきます。

 

《食べても太らない「腸」の病気》

  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎
  • 過敏性腸症候群

 

参考記事:腸の病気|家庭の医学|時事メディカル

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

クローン病

食べても太らない腸の病気の1つ目に、「クローン病」が挙げられます。

クローン病とは、大腸や小腸の粘膜に慢性の炎症や潰瘍を引き起こす、原因不明の病気のこと。

 

●●●
太る伝道師

クローン病の好発年齢は、10歳代〜20歳代の若年者で、女性よりも男性の方が2倍多く発症します。

 

クローン病の典型的な症状は、腹痛と下痢です。

そのため、食欲不振や、腸内環境が悪化を招いて、栄養の消化吸収力が損なわれてしまい、食べても太れないことに。

 

クローン病の治療では、内科的に行われます。

具体的には、栄養療法と薬との併用による治療が一般的です。

参考記事:クローン病|難病情報センター

 

潰瘍性大腸炎

食べても太らない腸の病気の2つ目に、「潰瘍性大腸炎」が挙げられます。

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に炎症が起きて、潰瘍ができる大腸の病気です。

 

潰瘍性大腸炎の典型的な症状は、下痢と腹痛。

 

●●●
太る伝道師

潰瘍性大腸炎の原因がよくわかっていませんが、腸内細菌や免疫機能の異常、食生活、遺伝が影響している言われています。

 

潰瘍性大腸炎となると、食欲不振や栄養の消化吸収力の低下して、食べても太らない原因に。

治療にあたっては、薬による内科的治療が中心ですが、重度の場合は外科的治療が必要となります。

参考記事:潰瘍性大腸炎|難病情報センター

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

過敏性腸症候群

食べても太らない腸の病気の3つ目に、「過敏性腸症候群」が挙げられます。

過敏性腸症候群とは、大腸に炎症や潰瘍が無いにも関わらず、腹痛や下痢、便秘が数ヶ月以上続く状態が続いてしまう病気です。

 

●●●
太る伝道師

全人口の10%程度もの人が、過敏性腸症候群になると言われているほど、とても身近な病気なんですよ。

 

20歳代〜30歳代の女性の方が、罹患しやすいことがわかっています。

過敏性腸症候群は、ストレス、免疫異常、自律神経異常などが病因として考えられていますが、はっきりとした原因は解明されていません。

参考記事:過敏性腸症候群ガイド|日本消化器病学会ガイドライン

 

過敏性腸症候群では、便秘や下痢を繰り返すので、食欲が減退し、さらには腸内環境が悪化します。

その結果、栄養の消化吸収能力が低下し、低栄養状態になってしまって食べても太らない原因となってしまうのです。

 

実際、食べても太らなくなったという人で、過敏性腸症候群が原因である場合は、非常に多いんですよね。

したがって、過敏性腸症候群の治療は、原因が特定されていないので、内科的な対処療法となります。

 

これによって、症状を緩和することはできますが、根治するのは難しいのが実情です。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

甲状腺の病気(バセドウ病)

 

食べても太らない病気の3つ目として、「甲状腺の病気(バセドウ病)」にも注意が必要です。

バセドウ病というのは、「甲状腺機能亢進症」のことで、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気のこと。

 

もともと甲状腺ホルモンは、体の新陳代謝を高めるホルモンなので、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると、新陳代謝が異常に高くなってしまうのです。

そうなると、食欲も高まる一方で、代謝量が増えすぎるので、急激な体重減少を招いてしまい、食べても太らない原因に。

 

●●●
太る伝道師

バセドウ病の典型的な症状は、甲状腺の腫れ、眼球の突出、頻脈です。

 

バセドウ病は女性に多い病気で(男女比は1対4)、200人に1人の割合でかかると言われています。

バセドウ病の治療では、内服薬、核医学治療、手術療法が必要となるようです。

参考記事:甲状腺機能亢進症について | メディカルノート

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

糖尿病

 

食べても太らない病気の4つ目は、「糖尿病」です。

糖尿病が重症化すると、食べても太らなくなったし、どんどん痩せていくという人が見られます。

 

なぜなら、糖尿病になると、血糖値(血液中のブドウ糖の量を示す指標)をコントロールしているインスリンの分泌量が少なくなり、分泌されても体が反応しづらくなるから。

インスリンには「同化作用」といって、血液中の栄養素を細胞に送り届ける役割があります。

 

●●●
太る伝道師

実は、糖尿病になると、この同化作用がうまく機能しなくなるのです。

 

つまり、インスリンの働きが悪くなると、血糖を全身の細胞に届けることができず、その結果として血糖をエネルギーとして活用できなくなって、食べても太らない体に…。

参考記事:インスリンはどのような役割?|糖尿病がよくわかるDM TOWN

 

糖尿病が怖いのは、自覚症状がないまま病状が進行してしまうこと。

そのため、糖尿病が原因で痩せてしまい、食べても太れなくなったという頃には、大抵は重症化しています。

 

ですから、糖尿病を早期発見するためにも、定期的に血液検査等を受けるように心がけてみてください。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

食べても太らない原因② 体質

 

食べても太らない原因(病気・体質・ストレス・胃下垂)の中で、ここでは「体質」について取り上げます。

実際、私もそうであるように、遺伝の影響で、先天的に食べても太らない体質の場合も多いもの。

 

太れない体質が遺伝する確率については、文献で正確に調べた統計結果は見つかりませんでした。

一方で、太りやすい体質(肥満)が遺伝する確率については、科学的に検証されており、以下のような統計結果が出ています。

 

《肥満が遺伝する確率》

  • 両親が標準体型の時:子供が肥満体型の確率は10〜20%
  • 片親が肥満体型の時:子供が肥満体型の確率は20〜30%
  • 両親共に肥満体型の時:子供が肥満体型の確率は70〜80%

 

こうしてみてみると、肥満が遺伝する確率は、非常に高いことがわかります。

したがって、肥満体型とは逆の、ガリガリ体型の人も、遺伝の影響で生まれつき太れない可能性が高いと考えられますよね。

 

●●●
太る伝道師

私の場合も、父親がガリガリ体型なので、太れない体質は父親譲りなんです。

 

つまり、食べても太らない体質は、男性と女性問わず、家系的に受け継がれるものなのです。

食べても太らない体質の人は、先天的に「栄養が体に吸収されにくい」体の仕組みが備わっていることが大半。

 

つまり、普通の体質の人は、食べたものが100だとして、吸収される割合が80〜90あるとしましょう。

しかし、食べても太らない体質の人は、食べたものが100の時に、吸収されるのが50だったり60しかなかったりする訳です。

 

ですから、普通の体型の人と同じ量を食べていても、体に吸収されにくいため、太れないのです。

こうした、吸収されにくて食べて太れない体質の人は、男性と女性問わず、胃腸の働きが弱いことが原因であることが第1位。

 

つまり、体質が原因で胃腸がうまく機能してくれないので、食べても食べても吸収されず、太れません。

したがって、食べても太らない体質の男性と女性が太るためには、胃腸の調子を良くする生活習慣を徹底することが大切です。

 

胃腸を元気にして生活習慣によって、太りやすい体質に改善する方法については、「どうしても太りたい人に贈る究極の太る方法8選」で余すことなく取り上げているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

食べても太らない原因③ ストレス

 

食べても太らない原因(病気・体質・ストレス・胃下垂)の中で、「ストレス」も注意すべきところ。

精神的に強いストレスを受けてしまい、「食べても太らなくなった」という人もいるものです。

 

この理由は、ストレスは胃腸の調子を崩してしまい、食べ物の消化吸収力を低下させる要因となるから。

 

●●●
太る伝道師

どうしてストレスが原因で、胃腸の不調を招くかというと、それには「自律神経」が関わっています。

 

自律神経には、大きく分けて「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。

このうち、ストレスを感じると、前者の「交感神経」が優位になるんですね。

 

実は、胃腸が元気に働いてくれるのは、リラックス状態の時で、これは「“副”交感神経」が優位な状態。

この状態のときに、胃腸はぜんどう運動が活発になり、胃酸の分泌が促進されるので、消化吸収効率が高まります。

 

逆に言うと、ストレスを感じて交感神経が優位な状態では、胃腸の消化吸収力が弱まり、食べても太らない体になってしまうのです。

ですから、最近ストレスを抱え込んでいて、食べても太らなくなったという人は、ストレスを発散することが太りやすい体質になるための近道ですよ。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

食べても太らない原因④ 胃下垂

 

食べても太らない原因(病気・体質・ストレス・胃下垂)の中で、「胃下垂」は曲者です。

そもそも胃下垂というのは、胃の下部が、本来あるべき位置よりも下に垂れた状態のこと。

 

ガリガリで食べても太らない体質の人ほど、男性と女性問わず、胃下垂に悩まされるものです。

実際、胃下垂で下腹がぽっこり出ていることに、コンプレックスを持っている人も少なくありません。

 

●●●
太る伝道師

胃下垂になる弊害はこれだけに止まらず、ガリガリ体型で食べても太らない体質に拍車をかけることに…。

 

どういうことかというと、胃下垂になると、胃の消化に不可欠なぜんどう運動を担う筋肉が、下に引っ張られてしまって、その筋肉の動きが悪くなるから。

そうなると、胃のぜんどう運動が働きづらくなって、消化吸収力が下がってしまいます。

 

そのため、胃下垂の人は、食べても太れなくなってしまうのです。

ですから、胃下垂で食べても太らない人は、胃下垂を治すことがとても重要。

 

なお、胃下垂の治し方については、「【保存版】胃下垂とは?治し方・症状・確かめ方・太る方法を大公開!」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

食べても太らなくなった4大原因として、「病気」「体質」「ストレス」「胃下垂」について解説。

食べても太らない「病気」として、代表的なものをまとめると、以下の通り。

 

  • 胃の病気
    • 機能性ディスペプシア
    • 胃・十二指腸潰瘍
    • 慢性胃炎
    • 胃がん
  • 腸の病気
    • クローン病
    • 潰瘍性大腸炎
    • 過敏性腸症候群
  • 甲状腺の病気(バセドウ病)
  • 糖尿病

 

食べても太らない「体質」の人は、遺伝的な影響によって、先天的に食べても太れない可能性が高い。

そのため、食べても太らない体質の人は、男性と女性問わず、生まれつき胃腸が弱くて、栄養の消化吸収率が低い。

 

食べても太らない原因として「ストレス」が挙げられるのは、胃腸の不調を招いて、食べ物の消化吸収力が下がってしまうから。

また、食べても太らない原因に「胃下垂」が挙げられるのは、胃下垂になると、胃の消化力が低下して、結果的に栄養が吸収されにくくなるため。

 

関連記事:食べても太れない4大原因 〜病気・ストレス・体質・胃下垂を徹底解剖〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です