更年期に痩せすぎ!40代〜50代で太りたい女性が太る方法5選

 

「更年期に痩せすぎになってしまった…」

更年期にどんどん体重が減少し、激やせに陥って太れない女性もいます。

 

更年期は、40代〜50代の多くの女性を悩ませる時期です。

更年期が問題になる原因は、加齢に伴って卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの1種のエストロゲンの分泌量が急激に低下するから。

 

エストロゲンの分泌されにくくなった結果、ホルモンバランスが崩れて、体や心の不調を招いてしまうんですね。

 

●●●
太る伝道師

この結果、太ってしまう女性がいる一方で、体重減少に悩まされて痩せる女性も少なくありません。

 

酷い場合だと、更年期(障害)で激やせすることも。

では、このように更年期に痩せすぎて太れない原因とは、いかなるものなのでしょうか?

 

また、更年期の40代〜50代で太りたい女性が太るには、どうすればよいのでしょうか?

そこで今回は、更年期に痩せすぎ・激やせで太れない原因と、更年期にあたる40代〜50代で太りたい女性が太る方法5選を徹底的にお届けするので、最後までご覧になってみてください。

 

更年期に痩せすぎ・激やせで太れない原因

 

更年期に痩せすぎで太れない原因について、徹底解剖しましょう。

更年期というのは、閉経前後を合わせて10年の期間のこと。

 

更年期にあたる年齢は、大体45〜55歳くらいの時です。

日本女性の平均的な閉経の年齢は、50歳を少し過ぎた頃。

 

●●●
太る伝道師

一般的に40代〜50代の女性が、全員通らざるを得ない道が更年期なんですよね。

 

更年期では、加齢に伴って卵巣の機能が低下します。

そうなると、卵巣から出ているエストロゲンの分泌量が急激に下がってしまうんです。

 

実際、20代後半を分泌のピークにエストロゲンの分泌量は減り、40代に差し掛かる頃には分泌量はその半分以下になります。

 

▼加齢に伴うエストロゲンの分泌量の減少▼

画像転載:加齢によるエストロゲン分泌の減少

 

実は、エストロゲンの分泌するように司令しているのは、脳の下垂体です。

この下垂体から大量の性線刺激ホルモンが、エストロゲンを分泌するように、卵巣に働きかけているのです。

 

しかし、卵巣の機能が低下しているため、エストロゲンは分泌されません。

にも関わらず、脳の下垂体からは、エストロゲンを分泌するように司令を送り続けます。

 

この結果、体と心のバランスが崩れやすくなって、下記のような更年期特有の症状が現れることに。

 

  • 身体的な症状:ほてり、のぼせ、冷え、吐き気、めまい、睡眠障害、肩こり
  • 精神的な症状:イライラ、不安、気分の浮き沈みが激しくなる

 

参考記事:40~50代で痩せるのは更年期障害が原因かも。症状が悪化する前行いたい正しい対策

 

こうした症状が、日常生活にも支障が生じるような状態になると、「更年期障害」だと言えます。

更年期障害にかかった場合は、婦人科に受診することが大切。

 

実は、更年期になると太ってしまう女性が多い一方で、更年期になると痩せてしまう女性も少なくありません。

更年期で太ってしまう理由は、エストロゲンの分泌量が低下することで、内臓脂肪が付きやすくなってしまうため。

 

実は、エストロゲンは、脂肪を付ける場所をコントロールしているホルモンです。

その中でも、エストロゲンは、内臓脂肪よりも皮下脂肪を付きやすくする働きがあるんですね。(詳しくは下記の記事で解説)

参考記事:ガリガリの女性が太れない原因は女性ホルモン不足?ガリガリの解消法は?

 

一方で、更年期(障害)でどんどん痩せていく女性もいるのです。

 

●●●
太る伝道師

更年期に現れる症状には、何百種類もあると言われており、人によって症状や程度が異なるもの。

 

このため、更年期(障害)の程度がひどいと、急激に体重減少して痩せすぎや激やせになる女性も多いのです。

更年期(障害)によって痩せすぎや激やせに陥る原因は、ズバリ「自律神経が乱れる」から。

 

先ほどもお伝えした通り、更年期にエストロゲンの分泌量が急激に低下すると、体の中のホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経まで乱れてしまうのです。

 

また、更年期によって精神的に不安定になりやすいため、ストレスやイライラによっても、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

自律神経には、胃腸の働きを調節しています。

 

しかし、40代〜50代の女性が、更年期(障害)によって自律神経のバランスが崩れると、胃腸の働きが低下することに。

その結果、胃弱になって食べ物の消化力が低下し、結果的に栄養の吸収率も悪くなり、太れなくなってしまうんですね。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

40代〜50代で太りたい女性が太る方法5選

 

先ほどは更年期(障害)で痩せすぎや激やせに陥ってしまう理由について、詳しくお話をしました。

ここからは、更年期の女性が太る方法について、徹底的に解説していきます。

 

更年期にあたる40代〜50代で太りたい女性が太る方法は、次の5点です。

 

《更年期の40代〜50代で太りたい女性が太る方法5選》

  • エストロゲンの働きを活性化する食べ物をとる
  • 適度な運動をして、脂肪がつきやすくする
  • 脂肪の原料となる糖質と動物性脂肪をとる
  • お腹が空いてから食べて、食欲を高める
  • よく噛んで食べることで、消化を良くする

 

●●●
太る伝道師

以降では、上記5点について、1つ1つ詳しくお話をしていきましょう。

 

エストロゲンの働きを活性化する食べ物をとる

 

更年期で痩せすぎの40代〜50代で太りたい女性が太る方法の1つ目は、「エストロゲンの働きを活性化する食べ物をとる」ことです。

先ほど取り上げた通り、更年期の40代〜50代の女性は、エストロゲンの分泌量が急激に減少してしまいます。

 

ですから、エストロゲンの分泌量を増やしたり、エストロゲンの働きをサポートしてあげる成分を食べ物から摂取することが重要なんです。

 

●●●
太る伝道師

こうして、エストロゲンの働きを活性化してやることで、更年期障害を予防することにも繋がります。

 

また、エストロゲンは自律神経の調節する働きもあるので、エストロゲンをサポートすることで、胃腸を強化して太りやすい体質になることも可能。

エストロゲンの分泌を促すには、次の3つの成分を含む食べ物をとるべき。

 

  • タンパク質:卵、チーズ、納豆、豆腐、肉、魚、乳製品など
  • 大豆イソフラボン:大豆、大豆製品
  • ボロン:りんご、レーズン、キャベツ、アーモンドなど

 

「タンパク質」には、エストロゲンの分泌源である「卵巣」の機能維持に必要な栄養素です。

したがって、タンパク質をしっかり補給すると、更年期による卵巣の機能低下を食い止めて、エストロゲンの急激な分泌量の低下を防止することに繋がりますよ。

 

また、「大豆イソフラボン」や「ボロン」は、エストロゲンに似た働きを持つ成分です。

そのため、大豆イソフラボンやボロンを含む食べ物をとることで、更年期の症状を緩和して、太りやすい体質にしてくれます。

参考記事:本気で太りたい女性が綺麗に太る方法7選

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

筋トレをして、脂肪がつきやすくする

 

更年期で激やせした40代〜50代で太りたい女性が太る方法の2つ目は、「筋トレをして、脂肪がつきやすい体になる」ことです。

筋トレをすると、インスリンの働きを活性化されるので、太りやすい体質になるんですよね。

 

●●●
太る伝道師

インスリンと太ることがどうして関係するのか、具体的にお話をしましょう。

 

インスリンというのは、糖質を摂取して血糖値が上昇したときに、すい臓から分泌されるホルモンのこと。

ご存知の通り、インスリンは血糖値をコントロールして、適正な値に戻す作用があります。

 

実はそれ以外にも、インスリンには太るために重要な作用を持っているんです。

それが、インスリンの“同化作用”です。

 

同化作用とは、“血液中の栄養素を細胞に取り込む”こと。

このインスリンの同化作用のお陰で、全身の細胞に栄養素が行き届くようになります。

 

太るためには、脂肪をつけることが肝心ですよね。

簡単に言ってしまうと、インスリンなくして、細胞に脂肪を蓄積して脂肪をつけることはできないのです。

 

●●●
太る伝道師

インスリンの同化作用を高めるのに効果的なのが「筋トレ」。

 

実は、筋トレをすると、インスリンに対する体の感度が高まるのです。

関連記事:【男の太る方法】太りたい男性に贈る最強の太り方10選

 

なお、筋トレの内容は、体の中でも大きな筋肉群を鍛えられる「腕立て、腹筋、背筋、スクワット」がおすすめです。

回数は、各10回ずつ(スクワットは倍の20回)×3セットを行いましょう。

 

筋トレのコツとしては、ゆっくりと姿勢を正しながら1回1回筋肉に集中すること。

そして、筋トレ中は、常に呼吸をしながら行うと良いですよ。

 

プロテインを飲む場合は、筋トレ後の30分以内がベスト。

なお、太りたい女性におすすめのプロテインを下記の記事でご紹介しているので、確認してみてください。

太りたい女性向け!プロテインおすすめ人気ランキング4選

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

脂肪の原料となる糖質と動物性脂肪をとる

 

更年期で痩せすぎの40代〜50代で太りたい女性が太る方法の3つ目は、「脂肪の原料となる糖質と動物性脂肪をしっかりとる」ことです。

 

●●●
太る伝道師

当たり前のことですが、そもそも脂肪の原料となる栄養素を摂取しなければ、脂肪を体に蓄積させることはできませんよね。

 

脂肪の原料となるのは、ズバリ「糖質」と「動物性脂肪」です。

糖質と動物性脂肪は、主にエネルギー源として、体を動かしたり、内臓を働かせるのに必要な栄養素。

 

一方で、エネルギー源として使われずに余った糖質と動物性脂肪は、脂肪組織の素となる「中性脂肪」が作られるんです。

この中性脂肪が脂肪細胞に蓄積されることで、細胞が肥大化して、太ることができるという訳。

関連記事:脂肪をつけたい!皮下脂肪をつける方法・食べ物・プロテインを伝授!

 

「糖質」源として、更年期で太りたい40代〜50代の女性におすすめは「白米」「餅」です。

なぜかというと、白米や餅は、良質なデンプン質が摂取できて、なおかつ消化も良いからなんですね。

 

更年期では、胃腸が弱りやすいので、消化に良いことは太りやすい体質作りにとっても大切なのです。

参考記事:太りたい人は白米で太れる?太る方法としておすすめか徹底解剖!

参考記事:餅で太りたい人は太れる?太る方法としておすすめか徹底解剖!

 

「動物性脂肪」源として、更年期で太りたい40代〜50代の女性におすすめは「卵」です。

卵は、完全栄養食と呼ばれるほど、栄養価が高い食べ物です。

 

卵黄にたっぷりの動物性脂肪が含まれているほか、タンパク質やビタミン、ミネラルも豊富。

ですから、更年期で機能低下した卵巣にも栄養が行き届いて、更年期障害の予防にもつながりますよ。

 

参考記事:ゆで卵は太りたい人に最高の太る食べ物!太る方法のプロが徹底解剖!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

お腹が空いてから食べて、食欲を高める

 

更年期で激やせした40代〜50代で太りたい女性が太る方法の4つ目は、「お腹が空いてから食べて、食欲を高める」ことです。

更年期では自律神経のバランスが乱れることで、胃腸が弱ってしまい、食欲が低下しがち。

 

そのため、食事量が低下して、太れない体に拍車がかかってしまうんですよね。

 

●●●
太る伝道師

ですから、太るためには、食欲を高めて食事量を増やすことが重要になってきます。

 

食欲を高めるのに効果的なのが、“お腹が空いてから食べる”こと。

お腹が空くと食欲が高まる理由として、空腹ホルモンである「グレリン」が関わっています。

 

グレリンというのは、空腹になったときに胃から分泌されるホルモンです。

グレリンが分泌されると、脳が「お腹が空いた」ことを認識し、食欲中枢(摂食中枢)に働きかけます。

 

そうなると、「何か食べたい!」と感じて、食欲が高まるのです。

しかも、グレリンは胃腸の働きを活発にして、消化に必要な胃酸の分泌を増やす作用もあるので、消化力を高める効果も期待できます。

 

以上をまとめると、食べる前に空腹状態を作った方が、食欲が高まって太りやすくなるという訳。

ですから、更年期の40代〜50代で太りたい女性は、お腹がグ〜と空いてから、食事を摂るように意識しましょう。

 

空腹ホルモンの「グレリン」の分泌量が増えるのは、お腹が空いたと感じてから30分後ぐらいなので、このタイミングで食事を摂ると、太りやすくなりますよ。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

よく噛んで食べることで、消化を良くする

 

更年期で痩せすぎの40代〜50代で太りたい女性が太る方法の5つ目は、「よく噛んで食べることで、消化を良くする」ことです。

繰り返しになりますが、更年期には自律神経のバランスが崩れていて、胃腸の働きが弱りがち。

 

そのため、できる限り食べ物の消化で、胃腸に負担をかけないことが大切です。

 

●●●
太る伝道師

そこで効果的になってくるのが、「よく噛んで食べる」こと。

 

よく噛むことで、口の中から唾液がしっかりと分泌されやすくなります。

口の中は、“第一の消化器官”と呼ばれる通り、唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれているため、消化吸収を助けてくれるんです。

 

また、よく噛むことで、筋トレをして、脂肪がつきやすくするでご紹介したインスリンの分泌量が増えるので、太りやすくなるメリットも期待できます。

こうしたことから、1口あたり30回を目安によく噛んで食べるようにしましょう。

 

ただし、最初から噛む回数を増やしすぎると、満腹中枢が刺激されて食べる量が減ってしまいます。

ですので、噛む回数よりもプラス5〜10回を意識して食べると良いでしょう。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

更年期に痩せすぎや激やせに陥って太れなくなる原因は、「自律神経が乱れる」ことで、胃腸の働きが低下するから。

その結果、胃弱になって食べ物の消化力が低下し、結果的に栄養の吸収率も悪くなり、太れなくなってしまう。

 

更年期にあたる40代〜50代で太りたい女性が太る方法は次の5点。

 

  • エストロゲンの働きを活性化する食べ物をとる
  • 適度な運動をして、脂肪がつきやすくする
  • 脂肪の原料となる糖質と動物性脂肪をとる
  • お腹が空いてから食べて、食欲を高める
  • よく噛んで食べることで、消化を良くする

 

関連記事:【女性の太る方法】ガリガリで太りたい女性の綺麗な太り方12選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です