あばら骨が浮き出てる!痩せすぎで肋骨が見える男女の「太りたい」を叶える方法

 

「あばら骨が生まれつき出てる…」

「痩せすぎで肋骨が浮き出て見える…」

 

痩せすぎが原因で、肋骨が浮き出て見えることに悩む男性と女性は、貧相な上半身をどうにかしたいものですよね。

あばら骨が浮き出ていると、例えば水着になって、骨ばったあばらを他人の目にさらすのは絶対にはばかれるはず。

 

●●●
太る伝道師

私もガリガリで肋骨なんかくっきり浮き出てましたから、学生の頃の水泳教室の際は、ホントに嫌で嫌で仕方ありませんでした…。

 

肋骨が浮き出てるのは生まれつきで、痩せすぎ体質だからどうしようもないんだと、諦めてしまってはいけません。

実は、肋骨が浮き出て見えるのは、痩せすぎが原因で肉が付いてないのは勿論のこと、他にも原因があるんですよね。

 

また、あばら骨辺りを「太りたい」という人は、当記事でご紹介する正しいやり方を実践すれば、肋骨周りが痩せるのを防止し、太らせることは十分可能ですよ。

そこで今回は、あばら骨が浮き出てる男性と女性に向けて、痩せすぎで肋骨が見える原因と、あばらを「太りたい」叶える方法について徹底的にお届けするので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

 

あばら骨が浮き出てる!痩せすぎで肋骨が見える原因とは?

 

「あばら骨が浮き出てる」状態に陥り、痩せすぎで肋骨が見える原因を解き明かしていきます。

あばら骨が浮き出て見える男性と女性は、痩せすぎが原因であるのに加え、「肋骨が開いている」ことも、その一因である可能性も

 

●●●
太る伝道師

痩せすぎに陥ると、肋骨付近の脂肪や筋肉も極端に少なくなるため、あばら骨が浮き出てる状態になるのは当然のこと。

 

それに加えて、「肋骨が開く」ことも、あばら骨が浮き出てる要因にもなり得るんですよね。(下図参照)

 

↑肋骨が開いている状態(左)と締まっている状態(右)

画像転載:つばさ美容整体院トップページ

 

というのも、「肋骨が開く」と、あばら骨が前後左右に突き出した状態となるから。

それでは、「肋骨が開く」とは一体どういう状態なのか、じっくり考えていきましょう。

 

そもそも、肋骨の正しい位置とは、「肋骨の位置がお腹周りを決める!?」で図解して示されている通り、骨盤の真上に正しく胸郭が乗っていて、横隔膜と骨盤底筋群が平行になっている状態です。

簡単に言うと、肋骨が骨盤の真上にある時が、正しい位置にあると考えてください。

 

その上で、肋骨が締まった理想的な状態というのは、“胸側の肋骨が前に開いておらず、背中側の肋骨が左右に閉じた状態”のこと。

逆に、肋骨が開いた状態では、胸側の肋骨が前に開いていて、背中側の肋骨は左右に広がってしまいます。

 

肋骨が開いていくと、肋骨の中の空間に収まっていた内臓が、どんどん下に垂れていくことに。

つまり、肋骨が開くことで、「内臓下垂」に陥り、ぽっこりお腹になってしまうという訳です。

参考記事:意外!そのぽっこりお腹、肋骨が開いているせいかも!

 

●●●
太る伝道師

実は、肋骨が開くことによる「内臓下垂」が、体重減少を招いて痩せすぎとなり、あばら骨が浮き出てる状態に拍車をかけてしまいます。

 

なぜかというと、内臓下垂となると、内臓が圧迫されて、胃腸の消化機能が低下してしまうため。

胃腸の消化機能が低下すると、栄養が効率よく体で消化吸収されづらくなるので、痩せてしまうんですね。

 

以上をまとめると、あばら骨が浮き出てる原因は、痩せすぎの他に、肋骨が開いてしまうことと、その結果として内臓下垂に陥るからです。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

あばら骨が浮き出てる男女が「太りたい」叶える4つの方法

 

あばら骨が浮き出てる男女が「太りたい」を叶えるには、次の4点に取り組む必要があります。

 

《痩せすぎであばら骨が出てる男女の「太りたい」を叶える4つの方法》

  • 痩せすぎ体質を改善する
  • 体脂肪量を増やす
  • 肋骨を締める
  • 内臓下垂を治す

 

1つ1つ順番に見ていきましょう。

 

痩せすぎ体質を改善する

 

あばら骨が浮き出てる男女が「太りたい」を叶えるには、まずは痩せすぎ体質を改善しましょう。

先程もお伝えした通り、肋骨が見える原因の1つは、痩せすぎによって肋骨まわりに肉がついていないこと。

 

ですから、痩せすぎ体質を改善することが、あばらを太りたい人の第一歩です。

そもそも、痩せすぎ体質によって肋骨が出てる状態に陥る理由の第1位は、生まれつき胃腸が弱いため、食べ物が効率よく消化吸収されないため。

 

●●●
太る伝道師

胃腸が弱いと、食べたものが消化吸収されずに、そのまま排泄されてしまって太れないのです。

 

ですから、痩せすぎ体質であばら骨辺りを太りたい男性・女性は、胃腸の消化吸収機能を高めてあげることが大切なんです。

そのためには、胃腸に優しい食事をとることが何よりも重要。

 

そこで、痩せすぎ体質の改善に是非おすすめしたいのが、栄養価も高く、消化に良い献立が多い「和食」です。

なお、和食が太りたい人に一押しの理由については、「太りたい人の食事メニューに「和食」が最強!絶対太るレシピも大公開!」で詳しくご紹介しているので、じっくりご覧になってみてくださいね。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

体脂肪量を増やす

 

あばら骨が浮き出てる男女が「太りたい」を叶えるには、体脂肪量を増やすことが大切。

脂肪というのは、筋肉と違って部分的に増やすことができない組織です。

 

そのため、あばら周辺に脂肪をつけるには、体全体に脂肪をつける必要があります。

ただし、女性の場合は、男性よりも上半身に脂肪がつきにくい体の仕組みがあるので、あばらにも脂肪がつきにくいのが難点。(下記の記事参考)

参考記事:上半身を太りたい女性が太る方法!脂肪の付け方とは?筋トレは効果的?

 

●●●
太る伝道師

とはいえ、肋骨を浮き出ないようにするには、脂肪をつけることが不可避です。

 

体に脂肪を増やすには、脂肪の原料となる2大栄養素である「動物性脂肪」と「糖質」を摂るのが効率的ですよ。

「動物性脂肪」と「糖質」は、本来体のエネルギー源として使われるものです。

 

一方で、エネルギーとして使われずに余った分は、脂肪の素である「中性脂肪」となって、脂肪細胞に蓄えられるんです。

したがって、中性脂肪を増やして体に脂肪をつけるためにも、糖質と動物性脂肪をしっかりと補ってやることが重要。

 

「糖質源」と「動物性脂肪源」として、痩せすぎで肋骨が見えるので太りたいという人におすすめの食べ物は、それぞれ「白米・餅」と「ゆで卵」です。(下記の記事参考)

 

参考記事:太りたい人は白米で太れる?太る方法としておすすめか徹底解剖!

参考記事:餅で太りたい人は太れる?太る方法としておすすめか徹底解剖!

参考記事:ゆで卵は太りたい人に最高の太る食べ物!太る方法のプロが徹底解剖!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

肋骨を締める

 

あばら骨が浮き出てる男女が「太りたい」を叶えるためには、「肋骨を締める」ことも大切です。

先程「あばら骨が浮き出てる!痩せすぎで肋骨が見える原因とは?」で取り上げた通り、肋骨が開いていると、肋骨が浮き出て見えますし、内臓下垂を招いてしまいます。

 

●●●
太る伝道師

女性の場合は、肋骨が締まると、ウエストが細く絞りやすく、くびれラインがくっきり見えるようになるメリットもありますよ。

 

したがって、肋骨の開きを締めることが何よりも必要で、そのためには次の4点を実践してみてください。

 

《肋骨の開きを締める方法》

  • 姿勢改善
  • 広背筋の筋トレ
  • 胸式呼吸
  • 専用のコルセットの活用

 

上記について、順番に1つ1つ解説していきましょう。

 

姿勢改善

痩せすぎで浮き出て見える肋骨を締める方法の1つ目は、「姿勢改善」をすること。

 

●●●
太る伝道師

肋骨の開きは、姿勢が悪いと誘発されやすくなります。

 

特に、「猫背」や「反り腰」は、肋骨が開きやすい姿勢です。

「猫背」では、骨盤が後ろに傾いて、下腹が突き出るようになります。

 

そうなると、肋骨を支えている筋肉が弱ってしまい、肋骨が開いてしまうんですね。

また、「反り腰」とは、骨盤が前に傾いて、腰が反った状態のこと。

 

そうすると、肋骨が突き出て、開きやすくなってしまいます。

したがって、肋骨の開いているのを矯正するためにも、正しい姿勢を保つようにしましょう。

 

正しい姿勢(立ち方)とは、真横から見た時に、耳〜肩〜股関節〜膝〜くるぶしを結んだ線が一直線になること。

その際は、軽くあごを引き、背筋と膝をまっすぐ伸ばし、頭が真上に引っ張られるようにイメージすると良いでしょう。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

広背筋の筋トレ

 

痩せすぎで浮き出て見える肋骨を締める方法の2つ目は、「広背筋の筋トレ」をすること。

実は、広背筋を鍛えると、肋骨の開きを抑える方向に力が働いて、肋骨を締めることにつながります。(下図参照)

 

↑広背筋は、肩の前から背中に広くつながる筋肉で、肋骨の下部にもくっついている

画像転載:肋骨を締めるなら、まずはココ意識してみて

 

したがって、広背筋の筋トレをすることが、肋骨を締めて、浮き出てるあばら骨から脱却する近道なんですね。

 

●●●
太る伝道師

広背筋を鍛える筋トレ方法には様々なものがありますが、マシンを使った最もオーソドックスなトレーニング法である「ラットプルダウン」をご紹介しましょう。

 

ラットプルダウンのやり方

(1)シートに座り、太ももにパッドを当て、腕を伸ばした状態でバーをグリップして構えます。

(2)背中が丸くならないように上を見て、肩甲骨を寄せながら腕を引き寄せていきます。

(3)バーが胸につくまで腕を引き寄せたら、肩甲骨をしっかりと寄せて背筋群を完全に収縮させます。

(4)ゆっくりと筋肉に負荷をかけながら元に戻ります。

参考:【背筋の筋トレ女性編】背中の肉を落とし引き締め痩せる自宅~ジムトレーニング

 

胸式呼吸

痩せすぎで浮き出て見える肋骨を締める方法の3つ目は、「胸式呼吸」をすること。

ピラティスで用いられる呼吸法である「胸式呼吸」は、肋骨周辺の腹横筋を刺激します。

 

腹横筋というのは、骨盤や脊椎を囲みこむように位置している筋肉のこと。(下図参照)

 

↑腹横筋(インナーマッスル)は、肋骨の内側についている

 

この「腹横筋」が刺激されることで、肋骨が開いているのを矯正し、肋骨を締める効果が期待できるんですね。

胸式呼吸の正しいやり方としては、両手を肋骨あたりに当て、息を吸う時に胸が膨らむのを意識します。

 

その上で、腹筋に力を入れて負荷をかけるように意識しましょう。

この胸式呼吸法は、骨盤の歪みを矯正して、引きしまったボディラインを作ることも期待できるので、女性には特におすすめですよ。

参考記事:ピラティスの呼吸法と肋骨の関係性とは?

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

専用のコルセットの活用

 

痩せすぎで浮き出て見える肋骨を締める方法の4つ目は、「専用のコルセットを活用」すること。

肋骨引き締め専用のコルセットをつけるだけで、女性は肋骨を締める効果を期待できるでしょう。

 

●●●
太る伝道師

こういったコルセットは、本来はダイエット目的で、肋骨の開きを引き締めてくびれを作るために使われています。

 

とはいえ、痩せすぎで肋骨が開いている女性でも、矯正に効果が期待できるので、試してみる価値は十分あります。

特に、コルセットは、肋骨の下の部分と下腹部の部分を締め付けてくれるので、ウエストラインが綺麗になることも期待できますよ。

 

内臓下垂を治す

 

あばら骨が浮き出てる男女が「太りたい」を叶えるには、「内蔵下垂を治す」ことも重要です。

先程「あばら骨が浮き出てる!痩せすぎで肋骨が見える原因とは?」でお伝えした通り、肋骨が開くことで内臓下垂になると、胃腸の機能が弱り、消化吸収力が低下して痩せてしまいます。

 

ですから、内臓下垂を治して、太りやすい体質になることが、痩せすぎで肋骨が見える状態から脱却する手立て。

内臓下垂を治すには、先程もご紹介した腹部のインナーマッスルである「腹横筋」を鍛えると、内臓を下から上に持ち上げる効果が期待できます。

 

腹横筋を鍛えるには、「胸式呼吸」もありますし、スタンダードな鍛え方として自重トレーニングである「プランク」があるので、そのやり方をご紹介しておきましょう。

 

プランクのやり方

(1)マットなどを敷き、床にうつ伏せになる。

(2)腕を肩幅分広げて、軽く上半身を起こす。この時、腕の角度は90度に保つ。

(3)つま先で立ち、体を支える。顔を前に向け、足から首筋まで一直線をキープすることを意識すること。

(4)この状態を30秒キープする。その後、インターバル30秒。

(5)再度一直線にし、45秒キープする。その後、30秒インターバル。

(6)最後に1分間同じ姿勢をキープして終了。

参考:腹横筋の筋トレ&ストレッチ。腹筋インナーマッスルの効果的な鍛え方とは

 

プランクの目安は、30〜60秒 × 3セットです。

なお、胃下垂を含めた内臓下垂の治し方について詳しくは、「【保存版】胃下垂とは?治し方・症状・確かめ方・太る方法を大公開!」でもご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

あばら骨が浮き出て見える男性と女性は、痩せすぎが原因であるのに加え、「肋骨が開いている」ことも、その一因である可能性がある。

肋骨が開くことで、「内臓下垂」となり、ぽっこりお腹になったり、胃腸の消化機能が低下してしまい、さらに痩せてしまう。

 

あばら骨が浮き出てる男性と女性が、「太りたい」を叶える方法として、次の4点について解説。

 

  • 痩せすぎ体質を改善する
  • 体脂肪量を増やす
  • 肋骨を締める
    • 姿勢改善
    • 広背筋の筋トレ
    • 胸式呼吸
    • 専用のコルセットの活用
  • 内臓下垂を治す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です