太りたい人が間食で太る方法!太りたい人のおやつでオススメは?

 

「太りたい人が間食やおやつで太る方法とは!?」

太りたい人は、間食やおやつを食べれば食べるほど、太ることができるのでしょうか。

 

一見すると、間食やおやつを食べた方が、1日あたりの総摂取カロリーが増えるので、太るには良さそうですよね。

結論を言ってしまうと、太りたい人は間食やおやつを摂るのは、適度な分量に抑えておくべき。

 

ですから、間食やおやつを主食と同じくらい食べるのは好ましくないんです。

 

●●●
太る伝道師

私も昔は、1日5食、6食と食べていましたが、今では1日3食を基本として、お腹が空いた時に限って間食やおやつを摂るようにしてから、確実に太りやすくなりました。

 

私の経験からも言えるように、太りたい人は、食事と食事の間の時間で、お腹が空いた場合にのみ、間食やおやつをとることをオススメしています。

それでは、太るための間食やおやつを摂る場合は、どんな食べ物を選べばよいのかも気になるところですよね。

 

そこで今回は、太りたい人が間食やおやつで太る方法の正しい考え方と、間食やおやつの選び方のポイントについて具体的に解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

太りたい人が間食やおやつで太る方法の正しい考え方

 

太りたい人は間食やおやつで太る方法の正しい考え方をお伝えしていきます。

冒頭でもお伝えしたように、間食やおやつは、空腹時に限って摂取すべきで、主食と同じように食べることは、太りたい人に決しておすすめできません。

 

太りたい人は間食やおやつを適度に抑えておくべき理由は、「主食を食べる時に、しっかりとお腹が空いた状態をつくるため」。

朝食、昼食、夕食時にお腹が空いた状態をつくるメリットは、次の2点があります。

 

《主食でお腹を空かせるメリット》

  • 空腹ホルモンが分泌されて、食欲と消化吸収力が高まる
  • 胃腸を休ませることができる

 

空腹ホルモンというのは、お腹が空いた時に分泌されるホルモンのことで、「グレリン」と呼ばれています。

このグレリンは、胃の中に食べ物が入っていない状態の時に、胃から分泌されるホルモンで、脳に「お腹空いたな〜」という空腹感を生み出してくれています。

 

ヒトは空腹感をおぼえると、「食べたい!」という欲求が生まれるので、自然と食欲が高まるもの。

重要なポイントが、グレリンが胃から分泌されると、胃の消化活動も元気になることです。

 

ですから、グレリンのおかげで、食欲が高まって食べる量が増えて、なおかつ食べ物の消化力が高まり、栄養が吸収されやすくなるんです。

さらには、お腹を空かせた状態であれば、胃腸が消化・吸収に充てていたエネルギーを消費しなくて済むので、胃腸が休ませることができますよね。

 

太りたいのに太れない体質の方は、胃腸が弱い傾向にあるので、普段から胃腸を休ませる習慣をつけることが大切です。

 

●●●
太る伝道師

私も、1日に5食も6食も食べていた頃は、いつも胃腸の調子が良くなくて、食べても気持ち悪くなることが多かったのも、胃腸を使い続けて休まる暇がなく、疲れ切っていたからなんですよ。

 

ですから、太りたい人は基本的には、1日3食をベースに食生活を組み立てた方が、食べる量を増やして、胃腸の消化吸収力を高めて元気にしてくれます。

以上のお話から、太りたい人が太る方法として、間食やおやつに頼って摂取カロリーを増やそうとするのは、好ましくないんです。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

間食やおやつを食べた方がいい場合

ただし、太りたい人が間食やおやつを摂った方がいい場合もちゃんとあります。

それは、主食と主食の間で、どうしてもお腹が空いたという時です。

 

なぜかというと、お腹が空き過ぎてしまうと、体がエネルギー不足に陥ってしまい、それを補おうと筋肉や脂肪が分解されてしまうから。

先ほどお話をしたグレリンの分泌量が最も多くなるのは、「お腹が空いた〜」と感じはじめてから、だいたい30分〜1時間後。

 

ですが、それより前にお腹空いて、空腹状態が2時間も3時間も続いてしまうようだと、筋肉や脂肪が分解されて痩せてしまいかねません。

それを防ぐためにも、太りたい人は間食やおやつを食べて、高まった空腹状態を一旦しのぐことが必要です。

 

●●●
太る伝道師

ただし、太りたい人が間食やおやつを食べ過ぎてしまうと、次の主食を食べる時に、空腹状態を作れないことが起きるので、控えましょう。

 

このように、多少お腹にものをいれて、空腹をしのぐ程度にとどめておくべきなんですね。

関連記事:健康に太りたい!健康的に太る献立・間食・プロテインを徹底解剖!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

太りたい人のおやつ・間食でおすすめのメニュー

 

太りたい人のおやつ・間食でおすすめのメニューをご紹介します。

大切なポイントからお話しすると、太るための間食・おやつでは、「栄養価」と「消化に良いかどうか」に気をつけるようにしましょう。

 

「栄養価」が大切なのは、言うまでもありませんよね。

 

●●●
太る伝道師

太るためだからと、高カロリーなジャンクフードや、砂糖が大量に使われているお菓子類・ケーキ類などを食べるのは、絶対にやめた方がよいです。

 

なぜなら、こうした食品は、胃腸の調子を狂わせたり、体の栄養状態が悪くして、太りにくい体質にしてしまうからですね。

そうではなく、太りたい人は、栄養価がしっかりと期待できる食べ物を、間食やおやつに選ぶべき。

 

また、「消化に良いかどうか」も着目しておきましょう。

太りたい人は、どんな時も、胃腸にできるだけ負担をかけない食事を心がけるべきなんです。

 

また、消化に良い食べ物を間食やおやつで摂れば、主食を食べる時にお腹が空きやすくなるメリットもありますからね。

以上の点を踏まえて、太りたい人のおやつ・間食におすすめの食べ物をご紹介しておくので、参考にしてみてください。

 

  • おにぎり:良質な糖質(デンプン)がとれて、消化にも良い
  • バナナ:糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維がとれて、消化にとても良い
  • ヨーグルト:脂質、タンパク質がとれて、胃腸の調子を整えてくれる
  • ココナッツオイル:非常に消化性が良い脂質が摂取できる
  • ナッツ類:良質なタンパク質と脂質がたっぷり含まれている

 

関連記事:健康的に太る献立・プロテイン・間食を解説!太る料理レシピは?

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

太りたい人は間食やおやつを適度に抑えておくべきなのは、「主食を食べる時に、しっかりとお腹が空いた状態をつくるため」。

なぜなら、朝食、昼食、夕食時にお腹が空かせて、「空腹ホルモンが分泌されて、食欲と消化吸収力が高める」「胃腸を休ませる」こと大切だから。

 

ただし、太りたい人が間食やおやつを摂った方がいいのは、主食と主食の間で、どうしてもお腹が空いたという時。

太りたい人のおやつ・間食でおすすめのメニュー選びのポイントは、「栄養価」と「消化に良いかどうか」にある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です