餅で太りたい人は太れる?太る方法としておすすめか徹底解剖!

 

「餅で太りたいけど、本当に太れるのか…?」

太りたい人にとって、手軽に食べられる餅は、太るのに効果的な食べ物なのかどうか、気になるところですよね。

 

●●●
太る伝道師

実際に、太るために夜食に餅を食べたりして、太ろうと考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

結論を先に言ってしまうと、餅は太るのにとても効果的な食べ物なので、ぜひ活用すべきです。

この理由について詳しく解説するために、餅が太りたい人におすすめの理由を3つご紹介します。

 

また、太る方法として適した餅の食べ方やタイミングについても、徹底的に取り上げますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

餅が太りたい人におすすめの理由3選

 

餅が太りたい人におすすめしたい理由は、次の通り。

 

《餅が太りたい人におすすめの理由》

  • 糖質(デンプン)がたっぷり
  • 消化に良い
  • 腸内環境を良くする

 

関連記事:太りたい人は白米で太れる?太る方法としておすすめか徹底解剖!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

糖質(デンプン)がたっぷり

餅が太りたい人におすすめしたい理由の1つ目が、糖質(デンプン)がたっぷり含まれているから。

餅はもち米から作られており、お米由来の豊富なデンプンが含まれています。

 

多糖類であるデンプンは、単糖類である砂糖に比べて消化分解に程よく時間がかかるため、血糖値がゆるやかに上昇しやすいメリットがあります。

砂糖の場合は、急激に血糖値が上昇してしまい、体の負担となってしまうデメリットがあるんですよね。

参考記事:高カロリーのお菓子で太りたい!太る方法におすすめのお菓子とは?

 

それでは、そもそも糖質(デンプン)が太るのに効果的な理由は次の通り。

 

《糖質(デンプン)で太れる理由》

  • インスリンによる同化作用で太る
  • 脂肪の原料となる

 

インスリンによる同化作用で太る

餅などから糖質で、太りたい人が太れる理由の1つ目は、「インスリンによる同化作用で太る」から。

 

●●●
太る伝道師

“インスリンによる同化作用”が何のことか、よくわからないと思うので、順番に解説していきますね。

 

まず、糖質をとると、体の中でブドウ糖に分解された後に、体内に吸収されて血液中の糖分(血糖)となります。

このとき、血糖をコントロールするために分泌されるホルモンがインスリンです。

 

このインスリンは、血糖値が上がり過ぎないように制御しているのですが、その他にも重要な役割を担っています。

それが「同化作用」です。

 

同化作用とは、簡単に言うと、“血液中の栄養を細胞に取り込むぞ!”という合図のようなもの。

要するに、インスリンが発する同化作用によって、血液中の栄養素が、全身の細胞に取り込まれて、糖質であれば主にエネルギー源として使われる訳なんですね。

 

そう、インスリンが存在するおかげで、全身の細胞は、血液から栄養を吸収できるのです。

ですから、インスリン同化作用があることで、細胞に脂肪がついて太ることができると言っても過言ではないんですね。

 

まとめると、太りたい人は餅などから糖質をとることで分泌されるインスリンによって、太ることができるのです。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

脂肪の原料となる

 

餅などから糖質で、太りたい人が太れる理由の2つ目は、「脂肪の原料となる」から。

摂取した糖質が、体の中に吸収されて血糖となると、それは主にエネルギー源として使われます。

 

一方、血糖が使われるエネルギーに対して余分にあると、余った血糖は、肝臓や脂肪細胞に運ばれて中性脂肪となります。

 

●●●
太る伝道師

つまり、余った糖質は、脂肪に変換される訳ですね。

 

このように、餅などから十分な糖質をとれば、太りたい人は脂肪を増やすことができるのです。

参考記事:脂肪をつけたい!皮下脂肪をつける方法・食べ物・プロテインを伝授!

 

消化に良い

餅が太りたい人におすすめしたい理由の2つ目が、消化に良いから。

餅は、ご飯と並んで、消化に良いことで知られています。

 

というのも、餅の原料となるもち米の70%は、アミノペクチンと呼ばれるデンプンが含まれており、デンプン自体が消化に良い栄養素であるため。

 

●●●
太る伝道師

また、餅はもち米をしっかり蒸した後に、すりつぶして作られていることからも、消化に良い食べ物であることがうなづけますよね。

 

ただし、餅に含まれるデンプンには、「αデンプン」と「βデンプン」の2種類があります。

アツアツ状態の餅であれば、両方とも消化に良いのですが、餅が冷めてしまうとβデンプンの消化性が悪くなるので、冷めた餅は消化が悪いと覚えておきましょう。

参考記事:餅は消化に良い?悪い?

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

腸内環境を良くする

餅が太りたい人におすすめしたい理由の3つ目が、腸内環境を良くするから。

餅に含まれる糖質(デンプン)の一部には、消化されにくい「難消化性デキストリン」が含まれています。

 

難消化性デキストリンは、腸内で吸収されずに止まるので、腸内細菌の格好のエサになるんですよね。

これを食べた腸内細菌は、「短鎖脂肪酸」と呼ばれる成分を放出します。

 

この短鎖脂肪酸は、腸の細胞のエネルギー源となり、細胞の生まれ変わり促進してくれます。

このおかげで、腸内細菌のバランスが整って、腸内環境が良好に保たれます。

 

腸内環境が良くなると、食べ物の消化吸収力が高まるので、太りやすくなるのです。

要するに、太りたい人にとっては、餅を食べることで腸内が綺麗になると、消化吸収率が高まって太りやすい体質になるという訳。

 

太る方法として適した餅の食べ方やタイミングとは?

 

太りたい人が太る方法として適した、餅の食べ方やタイミングをご紹介しておきましょう。

 

●●●
太る伝道師

まず、太るために夜食に餅を食べるという方もいるかもしれませんが、決しておすすめできません。

 

というのも、夜食に炭水化物をとると、寝ている間にも血糖値が上がってしまって、成長ホルモンが分泌されづらくなるからですね。

成長ホルモンは、体の必要な部分を修復し、体の機能を高めるのに分泌されるものです。

 

太りたいのに太れない人は、胃腸の消化吸収機能が低下しがち。

そのため、夜食に餅を食べて、成長ホルモンの分泌を阻害されると、ますます胃腸の消化吸収力が落ちて、太れない原因になりかねません。

 

更に言えば、夜食を食べると、睡眠中も胃腸が働いてしまい休まらないために、胃腸に疲れがたまりやすいのも難点。

ですから、太りたい人が夜食に餅を食べるのは、間違いなく控えるべきなんですよね。

 

太りたい人が餅を食べるタイミングとしては、お腹が空いた時に間食で食べたり、主食にお餅を食べるのがおすすめです。

餅に限らない話ですが、太りたい人は基本的にお腹が空いてから食事をとるべき。

 

なぜなら、一度空腹になってからの方が、空腹ホルモンである「グレリン」の効果で食欲が高まりやすく、トータルでみればカロリー摂取量も増えやすいからですね。

また、餅を食べる際には、きなこ餅やお雑煮、おしるこなど、他の具材と一緒に食べて栄養素を補うのも吉です。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

餅が太りたい人におすすめの理由は、「糖質(デンプン)がたっぷり」「消化に良い」「腸内環境を良くする」から。

太りたい人が夜食に餅を食べると、胃腸の消化吸収力が落ちて、太れない原因になりかねないので、おすすめできない。

 

太りたい人が餅を食べるタイミングとしては、お腹が空いた時に間食で食べたり、主食にお餅を食べるのがおすすめ。

関連記事:健康的に太る食べ物ランキング15選!太れる食べ物を太りたい人に贈る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です