太りたい人はヨーグルトで太れる?太る方法としておすすめか徹底検証!

 

「太りたいけど、ヨーグルトで太れるのか!?」

太りたい人にとっては、ヨーグルトに太る効果があるのかどうか、気になるところですよね。

 

ヨーグルトが、“腸内環境を良くする”ことは馴染み深いかもしれませんが、太れるかどうかとなると、あまりピンとこないかもしれません。

意外かもしれませんが、腸内環境と太りやすい体質かどうかには、密接な関係があります。

 

それもあって、腸内環境を改善してくれるヨーグルトは、太りやすい体質づくりに効果的なんですよ。

 

●●●
太る伝道師

私は、ヨーグルトに全く注目してませんでしたが、ヨーグルトの太る効果を知ってからは、食事にしっかりと取り入れるようになりました。

 

そこで今回は、太りたい人が太る方法としてヨーグルトが効果的な理由と、太るためのヨーグルトの正しい食べ方やタイミングについて徹底的にお届けするので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

 

太りたい人がヨーグルトで太れる理由!腸内環境にその秘密があった!

 

太りたい人がヨーグルトで太れる理由とは、いかなるものなのでしょうか。

それには、次の4つの要因があります。

 

《太りたい人がヨーグルトで太れる理由》

  • 腸内細菌の善玉菌が増える
  • 食物酵素が豊富
  • タンパク質や脂質の吸収率が高い
  • ビタミンやミネラルもたっぷり

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

腸内細菌の善玉菌が増える

太りたい人がヨーグルトで太れる理由の1つ目は、「腸内細菌の善玉菌が増える」から。

 

●●●
太る伝道師

腸内細菌が、太ることにどう関係しているのかについて、これから解説していきますね。

 

腸内細菌には、大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があります。

これら3種類の腸内細菌は、腸内でバランスを保ちながら存在しています。

 

この中で、太る効果が期待できる注目すべき腸内細菌が「善玉菌」です。

実は、「善玉菌」には、腸での栄養の消化吸収を補助してくれる、ありがたい役割があるんです。

 

そのため、ご紹介した3種類の腸内細菌の中でも、善玉菌が数的に優位であるほど、腸での栄養の消化吸収率が高まります。

要するに、善玉菌が悪玉菌よりも多いほど、食べた物が吸収されやすくなって、太りやすい体質になるんですね。

 

逆に、腸内環境が悪化して、善玉菌が減ると、栄養が吸収されないまま、排泄されてしまって、太りにくくなることに。

このことから、太りたい人が腸の中から太りやすい体質になるには、「善玉菌を増やす」ことが大切。

 

この善玉菌を増やすのに活躍してくれるのがヨーグルトなんです。

ヨーグルトには、ご存知のように乳酸菌やビフィズス菌が非常に多く含まれています。

 

これらの細菌は、腸内細菌のバランスを整えて、善玉菌が優位になるように働きかけてくれます。

その結果、太りやすい体質に変化できるんですね。

 

このように、太りたい人はヨーグルトを食べると、腸内環境が良好になり、栄養の消化吸収率が高まって、太りやすい体質になることを覚えておきましょう。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

食物酵素が豊富

 

太りたい人がヨーグルトで太れる理由の2つ目は、「食物酵素が豊富」だから。

食物酵素とは、発酵食品に多く含まれている物質のことです。

 

ヨーグルトは牛乳を乳酸菌で発酵させたものなので、「食物酵素」をたっぷり含んでいます。

 

●●●
太る伝道師

食物酵素については、あまり聞き慣れないかもしれませんので、詳しくお話をしますね。

 

食物酵素は、その名の通り、食べ物に含まれる酵素のこと。

酵素というのは、体内でさまざまな働きをサポートする触媒のような物質です。

 

太りたい人にとっては、酵素の中でも「消化酵素」が太るための鍵を握っています。

消化酵素の役割は、食べ物が体内に入ってきた時に、それを体内で吸収できる形まで分解すること。

 

消化酵素の働きで、炭水化物はブドウ糖に、タンパク質はアミノ酸に、脂質は脂肪酸に分解されます。

ですから、消化酵素がちゃんと働いてくれないと、食べた物を吸収されやすい形にできなくて、太りにくい体質に。

 

実は、太りたいのに太れない人は、胃腸の働きが良くないことが非常に多いため、この消化酵素の働きも弱りがち。

そうなると、食べた物が分解されづらくなったり、分解するために胃腸に長く食べ物がとどまるようになって、胃腸が疲れやすくなってしまうのです。

 

そうなると、さらに胃腸が弱って、太りたいにも関わらず、食べても太れない体質に。。

そのため、消化酵素を活性化してあげることが、太りやすい体質づくりに大切になってきます。

 

そこで活躍してくれるのが、はじめにお話しした「食物酵素」です。

実は、食物酵素には、“事前消化”と呼ばれる、食べた物が消化酵素によって消化される前に、消化をサポートする作用があることがわかっています。

 

そのおかげで、消化酵素の負担が確実に減るので、胃腸も疲れにくくなり、ひいては胃腸が元気になってきます。

すると、胃腸の消化効率も高まって、結果的に栄養の吸収率も良くなって太りやすい体質になるんですね。

 

こうして考えていくと、食物酵素を含むヨーグルトは、胃腸を元気にしてくれるので、太りたい人にとっては、太る効果が期待できる食べ物だとわかります。

タンパク質や脂質の吸収率が高い

太りたい人がヨーグルトで太れる理由の3つ目は、「タンパク質や脂質の吸収率が高い」から。

ヨーグルトは、牛乳に乳酸菌を加えて発酵させた発酵食品です。

 

そのため、もともと牛乳に含まれていたタンパク質が、発酵過程で細かく分解されて、消化吸収されやすい形となって、ヨーグルトに含まれています。

ちなみに、ヨーグルトには、大体3〜4%ほどタンパク質があり、それほど多く含有されている訳ではないですが、消化吸収率が高い分、タンパク質を効率よく摂取できると言ってよいでしょう。

 

同じように、ヨーグルトに含まれる脂質(乳脂肪分)は、もともと吸収されやすい形になっています。

これは、“乳化”によって、水と脂肪が結合して一体となった状態のため、体に吸収されやすくなっているためです。

 

こうしたことから、ヨーグルトは太りたい人が、胃腸に負担をかけない形で効率よくタンパク質と脂質も摂取できるんで、太る効果が期待できるんですね。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

ビタミンやミネラルもたっぷり

太りたい人がヨーグルトで太れる理由の4つ目は、「ビタミンやミネラルもたっぷり」だから。

まず筆頭にあげたいのが、カルシウムです。

 

牛乳由来のヨーグルトは、カルシウムをとても多く含んでいるんですね。

実は、牛乳ではカルシウムの吸収率は40%ほどしかありません。

 

これがヨーグルトになると、乳酸とくっついて乳酸カルシウムとなっているので、吸収されやすい形になっています。

カルシウムは、太る体質づくりに直接関わるものではありませんが、骨や歯の形成にとって不可欠にも関わらず、不足しやすいミネラルなので、ぜひ摂取しときたいところ。

 

他にも、ヨーグルトには、体の機能をサポートしてくれるビタミンA、ビタミンB群も含んでいます。

こうしたビタミン・ミネラルは「補酵素」とも呼ばれており、先ほどご紹介した消化酵素の働きも助けてくれるので、太りたい人に欠かすことができない栄養素なんですよ。

 

ですから、太りたい人はヨーグルトからビタミン・ミネラルを補えるのは、太るために効果的。

 

太る方法としておすすめのヨーグルトの食べ方やタイミングとは?

 

太りたい人が太る方法として、ヨーグルトのおすすめの食べ方やタイミングについて解説しましょう。

結論から言ってしまうと、太りたい人がヨーグルトをとるときは、「食後を中心に、毎日こまめに食べる」のが望ましいです。

 

まず、整腸作用をもたらす乳酸菌は、胃から分泌される胃酸によって、効果が薄れてしまうおそれも。

そのため、胃酸が分泌が少なくなっている食後に、ヨーグルトをとる方が、乳酸菌の効果が高くなります。

 

また、乳酸菌は、腸の中に長期間とどまっておくことが難しいです。

そのため、一度に沢山ヨーグルトを食べるよりは、毎日こまめにヨーグルトを食べて、乳酸菌を腸内にたびたび供給してやるほうがよいでしょう。

 

一回あたりに食べる量としては、大体100gぐらい(ヨーグルトカップ1個強)で十分ですよ。

他には、太るためにヨーグルトを食べる際には、できるだけ砂糖が含まれていない方がよいです。

 

これは、砂糖が腸内環境を悪化させてしまい、太りにくい体質づくりを促してしまうからですね。

参考記事:高カロリーのお菓子で太りたい!太る方法におすすめのお菓子とは?

 

最後に、ヨーグルトは、発酵過程で乳糖が分解されていますから、乳糖不耐症で牛乳が飲めない方も、ヨーグルトなら割と問題なく食べれるはずですよ。

関連記事:牛乳で太りたい人は太れるのか!?太る方法のプロが徹底解説!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版