太りたい人の朝食メニュー完全版!朝ごはんで太る方法を徹底解剖!

 

「太りたいけど朝食・朝ごはんメニューはどんなものを食べたらいいんだろう…」

太りたい人は、1日の食事の始まりである朝食・朝ごはんで太るにはどうすれば良いのか、気になるところですよね。

 

●●●
太る伝道師

1日の中でも朝は忙しく、朝食や朝ごはんをついつい抜いてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

痩せすぎ体質を克服した私の経験から言わせてもらうと、ガリガリ体型で太りたい人は、朝食・朝ごはんは絶対にとるべきです。

というのも、朝食・朝ごはんを食べることで、太る体づくりができるメリットはあっても、デメリットは何一つとして無いから。

 

とはいえ、太りたい人にとっては、朝食・朝ごはんメニュー選びのポイントや、具体的にどんな朝食・朝ごはんのメニューなら太れるのか知りたいはず。

そこで今回は、太りたい人が太る方法として朝食を食べるべき理由と、朝ごはんメニュー選びのポイントや、具体的な朝食メニューの一例について詳しくご紹介するので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

 

太りたい人が朝食・朝ごはんを食べるべき理由2選

 

太りたい人が太る方法として、朝食・朝ごはんを食べるべき理由は、次の2点です。

 

《太りたい人が朝食・朝ごはんを食べるべき理由》

  • 昼食時までに空腹になって痩せるのを防ぐ
  • 朝食時は脂肪が作られやすい

 

昼食時までに空腹になって痩せるのを防ぐ

太りたい人が朝食・朝ごはんを食べるべき理由の1つ目は、「昼食時までに空腹になって痩せるのを防ぐ」ためです。

朝食・朝ごはんを抜いてしまうと、昼食時までにどうしても空腹感を抑えられないはず。

 

●●●
太る伝道師

食事前に空腹になると、食欲増進ホルモンである“グレリン”が分泌されます。

 

空腹になってグレリンが最も多く分泌されるのが、空腹感をおぼえてから大体30分〜1時間経ってからです。

グレリンが分泌されること自体は、何も悪いことではなく、むしろ食欲を高めてくれるので良いこと。

 

しかし、朝食・朝ごはんを抜いた場合、昼食時までにお腹が空き過ぎて、1時間どころかそれ以上の間、空腹状態に陥ってしまうことでしょう。

空腹状態が長引くと、人の体はエネルギー不足だと判断して、それを補おうと、主に脂肪を分解しはじめます。

 

要するに、朝食や朝ごはんを抜いてしまって、お腹が空いた状態が長時間続くと、太りたい人にとって貴重な脂肪が分解されて痩せてしまうんですね。

実際、お腹が空いてから、ある程度時間が経つと空腹が和らいでくるのも、脂肪が分解されてエネルギーに置き換わったからなのです。

 

また、寝ている間に消費されたエネルギー分もあるので、朝食・朝ごはんを食べて、その不足エネルギー分をしっかり補ってあげないと、午前中の時間帯は確実に空腹感に襲われてしまうでしょう。

このことからも、太りたい人は朝食・朝ごはんを摂って、お腹が空き過ぎる状態を作らないことが非常に大切。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

朝食時は脂肪が作られやすい

太りたい人が朝食・朝ごはんを食べるべき理由の2つ目は、「朝食時は脂肪が作られやすい」からです。

実は、人間には24時間のリズムで、脂肪が作られやすい時間帯が決まっています。

 

●●●
太る伝道師

脂肪が作られやすい時間帯に食べ物から脂肪の原料を補ってやれば、効率的に体に脂肪をつけて太れますよね。

 

脂肪が作られやすい時間帯が変化するのは、時計遺伝子がつくるタンパク質である“ビーマルワン”の影響です。

参考記事:時間栄養学に基づく食事指導

 

このビーマルワンと呼ばれるタンパク質は、脂肪合成に関わっていて、22時〜翌2時にかけての真夜中に最も多く発現します。

ビーマルワンの発現量をプロットした下のグラフを見てもわかる通り、朝食・朝ごはんの時間帯(6時〜9時)にも、ビーマルワンが〜40%前後も分泌されていますよね。

 

↑脂肪合成をうながすタンパク質のビーマルワンは、

朝食・朝ごはんの時間帯(6時〜9時)にも多く分泌されている。

出展:あなたの体は夜ごとに脂肪をため込んでいる 時間栄養学入門

 

 

このように、朝食・朝ごはんの時間帯は、脂肪が作られやすいタイミング。

ですから、太りたい人は、朝食・朝ごはんを食べて、脂肪の原料となる糖質や脂質をしっかりと補ってやると、効率よく脂肪を体につけることができます。

 

太りたい人の朝食・朝ごはんメニュー選びのポイント3選

 

太りたい人が太る方法として、朝食・朝ごはんメニュー選びに押さえておくべきなのは、次の3つのポイントです。

 

《太りたい人の朝食・朝ごはんメニュー選びのポイント》

  • 脂肪の原料となる糖質と脂質をとる
  • 消化に良い食べ物をとる
  • 消化を助けてくれる食物酵素やビタミン・ミネラルをとる

 

脂肪の原料となる糖質と脂質をとる

太りたい人の朝食・朝ごはんメニュー選びのポイントの1つ目は、「脂肪の原料となる糖質と脂質をとる」こと。

先ほどお話をしたように、午前中はビーマルワンのおかげで、脂肪が作られやすい時間帯です。

 

ですから、朝食・朝ごはんには、脂肪の原料となる糖質や脂質をたっぷりと補ってあげると、効率よく脂肪をつけて太ることができるでしょう。

 

●●●
太る伝道師

糖質は、主にエネルギー源として体を動かすのに使われていますが、余った糖質は中性脂肪に変換されて、肝臓や脂肪細胞に蓄積されます。

 

また、脂質を大きく分けると、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類があります。

このうち、脂肪の原料となるのは、前者の「飽和脂肪酸」の方で、肉・卵・乳製品といった動物性脂肪に多く含まれています。

 

ですから、太りたい人が脂肪をつけるためには、朝食・朝ごはんには、動物性脂肪を含む食べ物を取り入れてみてください。

そうすると、血液中の中性脂肪の量が多くなり、脂肪細胞に脂肪が蓄積されやすくなりますよ。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

消化に良い食べ物をとる

太りたい人の朝食・朝ごはんメニュー選びのポイントの2つ目は、「消化に良い食べ物をとる」こと。

太りたいのに食べても太れない人の大半が、胃腸が弱くて、食べた物が吸収されずに排泄されてしまうことが原因で太れません。

 

また、胃腸が弱いため、食べるすぐに胃もたれや消化不良になりやすいため、食べる量も少なくなりがち。

 

●●●
太る伝道師

そのため、太りたい人は、消化吸収されやすく、胃腸に優しい食べ物をとるべき。

 

また、朝食・朝ごはんを食べる午前中は、胃の活動が活発になっておらず、消化力も高くありません。

参考記事:内臓の活動リズムを知ろう!

 

これらの理由から、太りたい人は、朝食・朝ごはんに消化に良いものを食べて、できるだけ胃腸に負担をかけないことが重要なんですね。

 

消化を助けてくれる食物酵素やビタミン・ミネラルをとる

太りたい人の朝食・朝ごはんメニュー選びのポイントの3つ目は、「消化を助けてくれる食物酵素やビタミン・ミネラルをとる」こと。

先ほどもお話をしたように、太れない人はもともと胃腸が弱く、なおかつ午前中は胃の消化力が弱いため、朝食・朝ごはんメニューには、できる限り消化に負担をかけない方が望ましいです。

 

そのため、太りたい人は、消化を助けてくれる作用のある食物酵素やビタミン・ミネラルを含む食べ物をとるべき。

 

●●●
太る伝道師

「食物酵素」というのは、食べ物に含まれる酵素のことで、消化を助けてくれる働きがあります。

 

食物酵素を多く含む食品には、発酵食品(納豆、味噌、酢、キムチ、漬物、ヨーグルト、チーズ)や生鮮食品(刺身、野菜、果物)が含まれます。

食物酵素を含む食べ物を、朝食や朝ごはんに取り入れることで、消化が良くなることは間違いありませんよ。

参考記事:太りたいなら酵素は必要?食べても太れない人が酵素で太る方法とは!?

 

また、ビタミン・ミネラルといった「補酵素」も、ぜひ積極的に摂取したいもの。

補酵素は、食べ物の消化を担う酵素の働きを助けてくれます。

 

以上のように、太りたい人は朝食・朝ごはんメニューに、消化を助けてくれる食物酵素やビタミン・ミネラルをしっかり摂ってあげましょう。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

太る方法として理想の朝食・朝ごはんメニュー<具体例>

 

太りたい人が太る方法として理想的な朝食・朝ごはんメニューを、食べても太れなかった体質改善に成功した私の経験を下に、ご紹介していきましょう。

太りたい人の食事メニューとして、軸に据えるべきなのが「和食」です。

参考記事:太りたい人の食事メニューに「和食」が最強!絶対太るレシピも大公開!

 

●●●
太る伝道師

ですから、太りたい人の朝食・朝ごはんメニューにもぜひ、和食をベースにしてほしいところ。

 

その上で、太る方法として理想的な朝食・朝ごはんメニューは次の通りです。

 

《太りたい人に理想の朝食・朝ごはんメニューの一例》

  • 白米
  • 煮物類
  • 納豆
  • 半熟ゆで卵
  • サラダ
  • フルーツ入りヨーグルト

 

白米

太りたい人に理想的な朝食・朝ごはんメニューの1つ目が、白米です。

白米には、良質な糖質(デンプン)がたっぷりと含まれていて、脂肪(中性脂肪)の原料となってくれます。

 

白米は、パンと違って添加物を一切含んでなく、消化にも良いので、健康的に太る方法としてぜひ活用していただきたい食べ物なんですね。

参考記事:太りたい人は白米で太れる?太る方法としておすすめか徹底解剖!

 

煮物類

太りたい人に理想的な朝食・朝ごはんメニューの2つ目が、煮物類。

煮物には、具材がたっぷりと含まれているおり、栄養価が非常に高いです。

 

●●●
太る伝道師

さらには、具材がじっくり煮込まれて水分を含んでいるので、柔らかくて消化に良いのメリット。

 

そのため、食べても胃腸に負担をかけづらく、栄養補給もちゃんとできるので、太りたい人の朝食・朝ごはんメニューにぜひおすすめです。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

納豆

太りたい人に理想的な朝食・朝ごはんメニューの3つ目が、納豆です。

納豆は、発酵食品なので、先ほどご紹介した「食物酵素」を含んでいて、消化を助けてくれます。

 

また、大豆由来のタンパク質が太る体づくりの土台となります。

さらに、太りたい女性の場合は、女性ホルモンの分泌を促して、ふっくら綺麗に太る手助けもしてくれますよ。

参考記事:納豆で太りたい!太る方法としてオススメの理由と食べ方を完全伝授!

 

半熟ゆで卵

太りたい人に理想的な朝食・朝ごはんメニューの4つ目が、半熟ゆで卵です。

まず、卵が太るのにオススメの理由は、次の3点です。

 

  • 良質なタンパク質をしっかりと摂取できる
  • 動物性脂肪を多く含む
  • ビタミン・ミネラルが豊富

 

卵には、必須アミノ酸全9種類をはじめ、良質なタンパク質が豊富に含まれています。

実際、アミノ酸スコアも100点満点なので、タンパク質源としては文句なし。

 

●●●
太る伝道師

また、動物性脂肪も多く含み、それが脂肪の原料となってくれるので、太るのに役立ちます。

 

しかも、卵はビタミン・ミネラルまで豊富。

卵の中でも「半熟ゆで卵」がおすすめする理由は、卵黄が半熟状態で、卵白に火が通っている状態が、最も消化に良くて、栄養の吸収率も高まるからです。

参考記事:ゆで卵は太りたい人に最高の太る食べ物!太る方法のプロが徹底解剖!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

サラダ

太りたい人に理想的な朝食・朝ごはんメニューの5つ目が、サラダです。

サラダには、食物酵素やビタミン・ミネラルが含まれており、消化を助けてくれます。

 

また、サラダには食物繊維も多く、腸内環境を綺麗に整えてくれて、腸の栄養吸収率も高めてくれるのでおすすめ。

 

フルーツ入りヨーグルト

太りたい人に理想的な朝食・朝ごはんメニューの6つ目が、フルーツ入りヨーグルト。

生鮮食品であるフルーツ・果物類と、発酵食品であるヨーグルトには、サラダと同様に食物酵素やビタミン・ミネラルが含まれており、消化を助けてくれますね。

 

さらに、ヨーグルトには、「太りたい人はヨーグルトで太れる?太る方法としておすすめか徹底検証!」で詳しく取り上げているように、乳酸菌やビフィズス菌の作用で腸内環境を整えて、栄養を吸収しやすくしてくれます。

 

●●●
太る伝道師

ほかにも、消化吸収の良いタンパク質や動物性脂肪も含んでおり、太りやすい体質づくりに役立ちますよ。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版