妊活中で太りたい!痩せすぎの妊娠への影響は?体重を増やす方法5選

 

「痩せすぎの妊娠に悪影響を及ぼすのか!?…もしかして不妊の原因はガリガリだからかも…」

妊娠したいのにできない理由の1つに、痩せすぎが原因である可能性は十分考えられます。

 

というのも、BMIが19未満のいわゆる痩せ型・ガリガリ体型の女性は、標準体型の女性に比べて妊娠する期間が4倍もかかることが明らかになっているから。

痩せすぎや痩せ型の女性は、生殖機能に十分な栄養素が行き届かなくなって、生理不順や無月経といった生理トラブルを招き、不妊のリスクが高まって妊娠しにくいんですよね。

 

●●●
太る伝道師

ですので、妊娠したいのに痩せている人は、一刻も早く体重を増やすことが大切になってきます。

 

そこで今回は、痩せすぎの妊娠への影響と、妊活中に太りたい女性が太る方法について徹底解説するので、ぜひ最後までじっくりご覧になってみてください。

 

痩せすぎの妊娠への影響を徹底解剖!痩せ型は妊娠しにくい?

 

痩せすぎが妊娠に与える影響を徹底解剖していきましょう。

 

●●●
太る伝道師

冒頭でもお伝えした通り、痩せ型の人は、妊娠しにくいのは間違いありません。

 

実際、下記の通り、BMIが19未満の痩せすぎの場合は、妊娠に悪影響を与えることが明らかとなっています。

※ BMI=体重kg ÷ (身長m)2

 

アメリカで妊娠を希望する1万8000人の看護師を対象にハーバード大学が実施した「看護師健康調査」によると、8年間の追跡調査の結果、BMIが最も大きいグループと最も小さいグループは、どちらも排卵障害による不妊症のリスクが高かったんです。

BMIが19未満の(やせすぎの)場合、標準体型の女性に比べて妊娠する期間が4倍ほどかかってしまうことが別の研究において報告されています。※Fertil Steril 2013 ; 100 : 631

参考記事:働く女性のやせすぎ問題が、不妊大国へ導くのか。

 

痩せすぎは、体内のホルモンバランスを崩れやすくさせて、卵巣に栄養が行き届きにくくなることが問題です。

しかも、痩せすぎで体に十分なエネルギーが確保されていないと、生命活動に必要なエネルギーが無駄な生理現象が抑えられてしまいます。

 

したがって、痩せすぎると、自分を守るのに関係ない妊娠のための“排卵”という生理現象が機能しなくなるんですよね。

また、痩せすぎ・ガリガリ体型で体脂肪が極端に減少し過ぎると、卵巣に栄養が十分に届かなくなって、月経不順や無月経に陥ることも。

 

●●●
太る伝道師

なぜなら、脳は生命維持を優先するように働くので、生殖活動に関わるホルモン(=エストロゲン)の分泌が後回しになってしまうから。

 

そうなると、卵巣から分泌される女性ホルモンの一種エストロゲンの分泌量が低下した状態が続くと、無排卵が長期化し、骨の形成まで満足に行われずに骨粗鬆症に陥ってしまいます。

こうした理由から、痩せすぎると不妊のリスクが確実に高まるばかりか、女性らしさが損なわれて、なおかつ体の健康状態まで害してしまうのです。

関連記事:女性の痩せすぎと危険体重の基準!疲れやすい原因と対処法は?

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

妊活中に太りたい!ガリガリでも体重を増やす方法5選

 

妊活中に痩せすぎで太りたい女性が体重を増やすには、次の5点を実践するのが効果的です。

 

《妊活中に太りたい女性の太り方5選》

  • 女性ホルモンの分泌を促す
  • 脂肪をつけやすい食事を摂る
  • 食事量を増やす
  • 運動をしてインスリンの働きを助ける
  • よく噛んで食べる

 

女性ホルモンの分泌を促す

妊活中に痩せすぎで太りたい女性が体重を増やすには、1点目として「女性ホルモンの分泌を促す」ことが大切です。

先ほどお話をした通り、痩せすぎの女性は、女性ホルモンの一種エストロゲンの分泌量が減少しがち。

 

エストロゲンには、皮下脂肪をつけやすくして、女性らしい丸みを帯びた体つきにする働きがあります。

ですから、妊活中で太りたい女性が太る方法として、エストロゲンの分泌量を促してやることがとっても重要なんですね。

 

●●●
太る伝道師

そのためには、エストロゲンの働きを活性化する食べ物を摂取するのが効果的です。

 

具体的には、次の3つの成分のいずれかを含む食べ物をとることが、痩せすぎで妊娠したい女性におすすめ。

 

  • タンパク質:卵、チーズ、納豆、豆腐、肉、魚、乳製品など
  • 大豆イソフラボン:大豆、大豆製品
  • ボロン:りんご、レーズン、キャベツ、アーモンドなど

 

「タンパク質」は、女性ホルモンの分泌源である「卵巣」に大切な栄養素なので、たっぷりと補給することが大切です。

「大豆イソフラボン」や「ボロン」は、女性ホルモンに似た働きを持つ成分ですから、女性ホルモンの働きをサポートしてくれるんですね。

参考記事:本気で太りたい女性が綺麗に太る方法7選

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

脂肪をつけやすい食事を摂る

妊活中に痩せすぎで太りたい女性が体重を増やすには、2点目として「脂肪をつけやすい食事を摂る」べき。

結論を言ってしまうと、皮下脂肪をつけるには、「糖質」と「動物性脂肪」を摂ることが必要です。

 

●●●
太る伝道師

糖質と動物性脂肪は、主に体のエネルギー源となるもの。

 

一方で、エネルギーとして使われずに余った糖質と動物性脂肪は、脂肪(中性脂肪)の原料となってくれるんです。

実際、脂肪の2大原料は、糖質と動物性脂肪ですから、これらをたっぷり補ってやることが、妊活中に太りたい女性が太るためにとっても重要なんですね。

参考記事:脂肪をつけたい!皮下脂肪をつける方法・食べ物・プロテインを伝授!

 

「糖質源」としては、良質な糖質がとれて消化にも良い「白米」「餅」を摂るのがベスト。

参考記事:太りたい人は白米で太れる?太る方法としておすすめか徹底解剖!

参考記事:餅で太りたい人は太れる?太る方法としておすすめか徹底解剖!

 

「動物性脂肪源」としては、“完全栄養食”とまで呼ばれる「卵」がおすすめです。

卵には、動物性脂肪の他、タンパク質やビタミン・ミネラルが非常に豊富なので、健康的に太るサポートをしてくれますよ。

参考記事:ゆで卵は太りたい人に最高の太る食べ物!太る方法のプロが徹底解剖!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

食事量を増やす

 

妊活中に痩せすぎで太りたい女性が体重を増やすには、3点目として「食事量を増やす」ことも必要です。

女性が1日あたりに必要なカロリー量目安は、通常の運動量であれば2500kcalほど。

 

●●●
太る伝道師

妊活中に体重を増やすためには、この摂取カロリーを食事などから摂らなければなりません。

 

そこで、朝食を食べていない方は、まずは朝食を食べることからはじめてみてください。

というのも、朝食抜きで1日2食で、1日に必要なカロリー量を補おうとすると、1度の食事量が増えてしまって、胃に負担がかかってしまうから。

 

朝食をしっかり摂って、1日3食をきっちり食べる方が、胃に負担をかけずに太ることができるんですよね。

また、1日に5食も6食も食べて摂取カロリー量を増やそうとする方もいますが、これは基本的にNG。

 

というのも、空腹にもなってないのに食べると、空腹ホルモンの分泌量が減ってしまって、食欲が湧きづらくなってしまうためです。

空腹ホルモンの詳細については、「【決定版】食べずに太る方法6選!少食で太りたい人に贈る」でも解説しているので、参考にしてみてください。

 

ですから、小腹が空いて間食を食べる時は、果物(バナナやりんご等)や炭水化物(おにぎり、パン)などを軽く食べる程度に留めた方がよいでしょう。

間食よりも、1日3回の主食できっちりと栄養補給するようにした方が、妊活中に太りたい女性が太る方法としておすすめです。

参考記事:太りたい人が間食で太る方法!太りたい人のおやつでオススメは?

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

運動をしてインスリンの働きを助ける

妊活中に痩せすぎで太りたい女性が体重を増やすには、4点目として「運動をしてインスリンの働きを助ける」ことが重要。

運動(いわゆる筋トレ)をすると、インスリンの働きを助けてくれるので、効果的に栄養を体内に取り込むことができるようになります。

 

インスリンというのは、糖分を摂取した際に、すい臓から分泌されるホルモンのこと。

このインスリンには、血液中の栄養素を細胞の取り込ませる働きがあるんですよね。(これを“同化作用”と呼びます。)

 

●●●
太る伝道師

実は、運動をすると、インスリンの分泌に対する体の感受性が高まることが明らかになっています。

 

簡単に言うと、運動をするだけで、少しのインスリンの分泌だけでも、栄養が体に取り込まれやすくなるということ。

参考記事:【男の太る方法】太りたい男性に贈る最強の太り方10選

 

筋トレの内容は、体の中でも大きな筋肉群を鍛えられる「腕立て、腹筋、背筋、スクワット」がおすすめ。

回数は、各10回ずつ(スクワットは倍の20回)×3セットを行いましょう。

 

筋トレのコツとしては、ゆっくりと姿勢を正しながら1回1回筋肉に集中しながら行うことです。

そして、筋トレ中は、常に呼吸をしながら行うと良いですよ。

 

また、プロテインを飲む場合は、筋トレ後の30分以内が適切です。

なお、太りたい女性におすすめのプロテインを下記の記事でご紹介しているので、確認してみてください。

太りたい女性向け!プロテインおすすめ人気ランキング4選

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

よく噛んで食べる

妊活中に痩せすぎで太りたい女性が体重を増やすには、5点目として「よく噛んで食べる」ようにしましょう。

よく噛むことで、食べ物が細かく砕かれて消化しやすくなる他にも、唾液が分泌されやすくなります。

 

口の中は「第一の消化器官」と呼ばれているように、唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれている為、消化吸収の助けになります。

また、よく噛むことでインスリンの分泌を促進する効果があるので、先ほど「運動をしてインスリンの働きを助ける」でお伝えした通り、栄養が体に取り込まれやすくなって太りやすくなるんですね。

 

●●●
太る伝道師

1口30回が理想ですが、最初から噛む回数を増やし過ぎると満腹中枢が刺激されやすくなり、食べる量が減ってしまうことにもなりかねません。

 

ですから、現在の噛む回数よりもプラス5〜10回を意識して食事するようにしましょう。

また、よく噛んで唾液を分泌させていても、食事中に水分を多くとってしまうと唾液を薄めてしまうことに…。

 

そのため、食事の際には水分はコップ1杯までにとどめておくべき。

他にも唾液が減ってしまう原因として、口呼吸をすることで唾液が乾燥してしまうものもあります。

 

したがって、食事中や食事の前後はなるべき口を閉じることも必要です。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者の方が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

痩せすぎの女性(BMIが19未満)は、標準体型の女性に比べて妊娠する期間が4倍ほどかかることが指摘されている。

また、痩せ型・ガリガリ体型で体脂肪が極端に減少すると、月経不順や無月経に陥ることにもつながる。

 

そのため、痩せすぎると不妊のリスクが確実に高まるばかりか、女性らしさが損なわれて、なおかつ体の健康状態まで害してしまう可能性も。

妊活中に痩せすぎで太りたい女性が体重を増やすには、次の5点を実践するのが効果的。

 

  • 女性ホルモンの分泌を促す
  • 脂肪をつけやすい食事を摂る
  • 食事量を増やす
  • 運動をしてインスリンの働きを助ける
  • よく噛んで食べる

 

関連記事:【女性の太る方法】ガリガリで太りたい女性の綺麗な太り方12選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です